Blog

PLANET-Qのブログもよろしくお願いします!

※広告にはご了承ください。

第16回伊豆大島共同打上実験のご報告② おまけ:伊豆大島ロケットフォトコンテスト ()
こんにちは、ブログ係のコブラです。前回の記事で『次回はB1Cansatの紹介~』とか書きましたが、その前に告知を忘れていました。 伊豆大島共同打上実験の運営の広報のほうから、伊豆大島ロケットフォトコンテストの投票が始まっています。今回のテーマは「伊豆大島共同打上実験を通して、ロケットや仲間、伊豆大島の自然や地域の方々と一緒に写真を撮ろう!」。共同実験・ロケット教室部門と、伊豆大島での思い出部門の2部門でそれぞれ4枚ずつ、計8枚の写真がノミネートされています。 うち共同実験・ロケット教室部門に、P
>> 続きを読む

第15回種子島ロケットコンテストのご報告⑤チーム『だんぼーるQ(Cansat)』の紹介 ()
どうも、ブログ係のコブラです。春学期始まって1週間が経ちましたね。新入生の皆さんは大学に慣れたでしょうか。まだかな。九大の桜もあらかた散ってしまったので少しさみしい気持ちになります。 引続き、種コン出場組のご紹介。今日からはCansat組ですね。 簡単に競技内容をご説明。Cansatとは空き缶サイズの惑星探査ローバーのモデルのこと。Cansat部門(Come-back コンペティション)では、そのCansatを目標地点に誘導する精度・時間を競います。……なんて説明すればいいんだろう(苦悩)。 C
>> 続きを読む

第15回種子島ロケットコンテストのご報告④チーム『MSSBプロジェクト(有翼ペイロード)』の紹介 ()
どうも、ブログ係のコブラです。下書きを保存したことで気を抜いたのか、昨日の投稿を忘れました。なるべく毎日投稿しようと思っていたのですが。不覚。 今日は引き続き種子島ロケットコンテストの報告です。"有ペイ"などとも呼ばれる[ペイロード有翼滞空部門]に出場した1年生チーム、MSSBプロジェクトです。MSSBと書いて ムササビ と読むようです。 ……の前に、有ペイの競技説明を。 有翼ペイロードは翼付きの荷物(ペイロード)を打ち上げ後に分離して、そのペイロードの滞空時間を競う競技。 パラシュートなどは
>> 続きを読む

第15回種子島ロケットコンテストのご報告③ チーム『Team Valley(定点滞空)』の紹介 ()
どうも、ブログ係のコブラです。この書き出しにも慣れてまいりました。 今日は『滞空および定点回収』部門(通称:定点滞空)に出場した、もう一チームをご紹介します。1年生チームの"Team Valley"です。チーム名は愛され系PMの名字から採られたとかなんとか。 ↑カラフルな塗装が見ていて楽しい機体ですね。部室で初めてお披露目されたときにも部員たちから『『え、かわいい……!』』と大好評でした。 この機体の特徴は、ズバリ[2段式]であること。エンジンを縦に2つ搭載し、下段のエンジンが燃え尽きたら間髪入
>> 続きを読む

第15回種子島ロケットコンテストのご報告② 定点滞空競技とチーム『DINOSAUR-Q』の紹介 ()
こんばんわ、ブログ係のコブラです。根が筆無精なもので、先の記事とまとめて更新するスタイルでいきます。……なるべく頻繁に更新できるようにがんばります。 きょうは種子島ロケットコンテストの"滞空及び定点回収"部門(通称:定点滞空)に出場した一年生のチーム、"DINOSAUR-Q"のご紹介です。 その前に『定点滞空とはなんぞや?』という方に向けて簡単な説明をば。ご存知の方は読み飛ばしていただいて大丈夫です。 定点滞空とは、モデルロケット(小型の火薬式ロケット)部門の一つ。 簡単に言うと、 ・
>> 続きを読む